白髪染めとヘアカラーの違い

今までは、ヘアカラーでおしゃれ染めをしてきたけど、そろそろ白髪が目立った来たので、ヘアカラーではなく白髪染めをしなければならないのかな・・・。

と思う時期があると思います。

今まで使っていたヘアカラーと白髪染めではどこが違うのでしょうか。

白髪もヘアカラーで染めたいと思う人もいるかもしれません。

なんだか白髪染めと聞くだけで、年配の人が使用しているようなイメージがありますし、ヘアカラーのように色が豊富にないので何となく嫌だなぁと思っている人もいると思います。

ですが、ヘアカラーと白髪染めは全く別のものですので、用途によって使い分けをしなければなりません。

ヘアカラーと白髪染めは、色を作るときの方法が違うのです。

ですので、白髪はヘアカラーではうまく染まらないのです。

白髪染めは、白髪を目立ちにくくしつつ白髪ではない髪も同じくらいの色に染めます。

また、何となく嫌だなぁ・・・と思っている人も安心してください。

昔と比べますと、白髪染めのカラーの種類もかなり増えてきましたよ。

明るい色もありますし、暗めの色もあります。

ですので、おしゃれ染めと同じように様々な色の中から好きな色を選んで使用することができますよ。

下手に見栄をはってしまってヘアカラーを使用してしまい、白髪が上手く染まらずに違和感のある色になってしまうことよりも、白髪が目立ってきたら白髪染めを使用するのが一番です。

皆さんはどうでしょうか。

髪の毛に白髪が目立ってきていませんか。

白髪染めのここだけ情報